効果的に痩せる!青汁ダイエットの正しい置きかえのやり方とは

青汁ダイエットは、痩せる体質を作りながら健康的に痩せることを目的とするダイエットです。

そのため即効的に痩せるということはほとんどありません。ですが、せっかく始めたのですから早目の効果は期待したいですよね。

そのため置き換えという方法があるんですが、実際に正しいやり方はどのようにするんだろう、と悩むこともあるのでは?

そこで今回は青汁ダイエットの正しい置き換えのやり方をご紹介します。

栄養価の高い青汁ですし、正しいやり方でしっかりと実践できれば目標達成する日も早く近づくことに期待できます。

あなたのダイエット目標が健康的に早く達成できるようにするためにも、しっかりチェックしてくださいね。

一日の食事でいずれかを青汁に変える置き換えのやり方は

青汁ダイエットでの置き換えは、基本的に朝食、昼食、夕食のいずれかを青汁に置き換える方法です。

1. 生活に合わせたタイミングで、置き換えの時間帯を選ぶ

あなたの生活に合わせた無理の無いタイミングで実践しましょう。

2. 青汁を飲む

摂取カロリーが抑えられますが、空腹感を感じることもあります。なので豆乳や牛乳、ヨーグルトなどに混ぜると、腹持ちも良く他の栄養も適度に摂ることができます。

3.置き換え以外の時間の食事は、普段通りでOK

カロリーを摂りすぎなければ基本的になんでもOKです。食べ過ぎに注意をして普段通りの食事をしましょう。とてもシンプルですよね。それに低カロリーの青汁と食事を置き換えるのですから、痩せる効果はかなり期待できそうでしょう。

しかも青汁には高い栄養価が期待できる栄養素が豊富に含まれますので、健康的に痩せることに期待できるんです。

夕食に置き換えることが効果的

置き換えの時間は生活のタイミングに合わせて選ぶということをお伝えしました。ですが、人の体の仕組みとして夜は代謝が悪いんです。しかも食事で摂った食べ物が脂肪に変わりやすい時間帯なんですよ。

例えば仕事が忙しいため帰宅が遅くなる人は、どうしても夜に食事を摂る生活習慣になるでしょう。すると「最近太って困るんだけど…」という心当たりがありませんか?

ということは、置き換えはダイエット効果がしっかりと期待できる夜または夕食がお勧めだということなんです。それに夜は、就寝中に成長ホルモンが分泌されて、各器官や細胞に栄養が行き渡りやすい時間でもあります。

なので、青汁の有効成分の効果が得られやすくなります。ただ、夕食時間を通して家族との団らんを大切している人もいますね。そのためこのような場合には、一日の活動が始まり、栄養が行き渡り始める朝食時に置き換えをすることも効果的です。

置き換え青汁ダイエットの注意点

置き換えは、ダイエット効果が高まりやすい方法です。そのため、早目にダイエット効果が表れる人も少なくありません。ただ、通常の食事と置き換えるわけですから、いくら青汁の栄養価が高いと言っても必要栄養素が不足することもあります。

例えば糖質や脂質、タンパク質はほとんど含まれていません。また、もし含まれていてもごくわずかな量だという場合が多いです。ですから置き換え青汁ダイエットを実践するときには、健康をキープするためにも注意点があります。

  • 1日2回以上の置き換えはしない
  • 長期間続けない

この2点には注意が必要です。また置き換えの青汁選びですが、青汁に糖質や人工甘味料が配合されているものには注意しましょう。

せっかく置き換えをしてもカロリーを多めに摂る可能性があります。糖質は確かに私たちが健康的な体を維持するために大切な栄養素です。ですが、摂り過ぎると脂肪を蓄積させる原因になります。

青汁ダイエットの置き換えまとめ

青汁ダイエットの正しい置き換えのやり方や、置き換えについての注意点などをご紹介しました。

早く目標達成をしたいからこそ、正しいやり方が必要なんですね。また、この方法を実践するためにはあなたの一日の流れを改善することがあるかもしれません。

ですが、それが早い段階で健康的に痩せる体質を作る近道になります。しっかりと正しいやり方を把握した上で、青汁ダイエットを成功させましょう。